SEEDA CONCRETE GREEN Blog

3月11日


東日本大震災から2年が経ちました

地震に対して僕は無力でした

色々シンプルには決められない事も多いと思いますが
この国は今後の原発に対する付き合い方も処理の仕方もまだ決まっていません

ただ無力なりに考えてしまうのも事実です

原発はなんで廃止できないのだろうかと素人ながら思います
食べれない魚 食べれない野菜 食べれない食べ物 住めない土地
原発の下で今後地震が起きたら 生物が暮らせない土地が増えてしまう

みんな分かっているのにシンプルに決められない やめられない
多くの専門的かつ知恵のある方々だってこの2年の間様々な脱原発の提案をしたのに
実行できない
命ある物が住めなくなる現実は誰もがそこに住んでいたら受け入れられるはずがない
もしそれがお金の為 一部の人の生活を守る為だけならば
原子力を売る事は麻薬を売るような事で 一部の人以外地球にとって生物にとって麻薬よりも悪だと僕は思う
いまの原子力に依存するという事はヘロ◎ンよりも酷い麻薬を押し付ける事のように感じる

元気の前借りならばそれは取り返しのつかない事だ


2013-03-11 21:26:33投稿者 : SEEDA