SEEDA CONCRETE GREEN Blog

ZEUS from YELLOW DIAMOND CRU CCG.6インタビューpt.1 by TOYKOBRONX

「CONCRETE GREEN1〜5」「WHITE CHRISTMAS」を経て、 
遂にセカンドシーズンに突入したCONCRETE GREENのVOL.6 
に「GLAND SLAM」「Z&B BEGINNING」の2曲を提供した 
ZEUSは現在若干21歳のラッパーだが、昨年5月にはストリート流 
通ながら高品質なソロアルバム「GRAND SLAM」をリリースしてい 
る。 既に渋さすら感じさせる落ち着いた声と巧みなフロー、若 
くして家族を抱える一人の父親として、人間臭さを残しながらも決して 
コミカルになることなく、あくまでクールな視点でストリートや仲間と 
過ごすかけがいのない日々を綴った歌詞の高いクオリティーは、早速若 
手の域では語れない可能性を感じさせる。最近アルバム「MIC N'   
ROSES」をリリースし、CCG6で「Z&B BEGINNING」に 
ZEUSと共に参加ているMC、バラガキも所属するYELLOW DIAMOND  
CREWと共に東京を中心に精力的な活動を繰り広げている。今は年齢から 
若手として語られることも多いZEUSだが、このまま順調にキャリ 
アを積んで行けば近い将来にシーンのトップの一角を担う存在になる事 
は間違いないだろう。音や歌詞についてはCCGやアルバムを聴い 
てもらえば分かるので野暮な説明や解説はしないが、インタビューを読 
んで貰えばZEUSの真摯なミュージシャンシップと意識の高さを感 
じ取ってもらえると思う。

東京ブロンクス(以下TB):では簡単な自己紹介をお願いします。


ZEUS(以下Z):ZEUSです。YELLOW DIAMOND CREW(以下Y.D.C)に所属してま す。

TB:ラップを始めたのはいつ頃?

Z:自分が始めたのは17歳の時ですね。高校2年くらいの時だと思うんで。

TB:ラップをしようと思ったきっかけは?

Z:一番最初は中1の頃とかは普通にJ−POPとかを聴いてたんですけど、何か ピンと来てなくて。一番最初にくらったのはキングギドラですね。で、(2004年の)9.11 に妄走族の進行作戦のLIVEがクアトロであったんですけど、地元の奴と観に 行って、その帰りに一緒に観に行った今も一緒に活動してるメンバーのSPAWNと T-DOGGの3人で「これやるしかないでしょ!」って言って始めたっすね(笑)。

TB:じゃあ海外のHIPHOP聴いて始めた訳じゃないんだ?

Z:始まりはやっぱり日本語ラップに衝撃を受けましたね。何か奥が深いみた いな。そのちょっと後から向こう(US)も聴くようになりましたね。2パック に最初ハマりました、その後に俺らの世代だとエミネムとかが勢い凄かったで すね。エミネムすげーなーとか思って、その後は色々手を伸ばしてみたりしま したね。でも俺HIPHOPだけじゃなくていいなって思ったのは結構聞き入っちゃいます。

TB:HIPHOP以外だとどんな音楽を聴いてるの?

Z:最近なんかはSAM&DAVEのベストを聞いてます。

TB:SAM&DAVE!相当渋い趣味だね。

Z:あとレゲエも好きだし、最近は神さん(妄走族)の影響とかで演歌なんかも 身にしみ感じがしていいなと思って。

TB:グループじゃなくてソロでファーストアルバム作ろうと思ったのは?

Z:グループでやるんだったらそれでも良かったんですけど、特に周りにそう いう気配がなかったんで、俺自身で一発作ってみようかなと思って。別に金儲 けが出来るとか考えてなかったんで、自分の思ってる事歌えればいいかなと 思って。あれは自分が19歳の時に作って、リリースしたのが二十歳の時でし たね。今回のCCGに入ってる曲もそうなんですけど、音もY.G.S.P(Young Ground Sound Production)っていう同い年の身近なトラックメイカー( MBO & SHUMA) の2人がやってくれてるんですけど、ほとんど身内でやってるんで制 作費は殆どかかってないですね。

TB:どうやって歌詞を書いてる?

Z:出だしからリアルタイムで書いて行きます。止まったらまた最初に戻って ずっと書いて行く感じですね。

TB:ラップでやって行きたいと思った瞬間とかってあったのかな?

Z:最初始めた時はとにかく暇だったですし、はまってるモンとか夢とかも特 に無くて、遊ぶことって言ったらとにかくたまって、話しての繰り返しで (笑)。

TB:それは三茶で?

Z:ずっと三茶周辺で遊んでました。公園とかでサッカーとか野球やったり酒 飲んだりしてました。

TB:高校は卒業した?

Z:高校は苦労して卒業しました。その後はしばらく適当に生きて。そしたら親にやりたいことやるんだったら出てけよって言われて、家を出まし た。バイト先のオーナーに50万くらい借りてそこで働かせてもらいながら金 返して。

TB:子供が出来たのはいつ頃の話なのかな?

Z:19歳終わりの頃だと思います。今の嫁と話し合って生むかってなって。 色々仕事はしていたんですけど、前々から音楽の裏っていうか仕組みみたいの を知りたかったし、前々からちょっと手伝わさせてもらったりもしてたん で、 それで今の会社(KIX)に入れさせて貰った感じですね。

TB:その歳で結構色んな経験をしてるね。

Z:人生って何なのかなってよく考えるんですよね。あたりまえですけど楽し い事も、苦しいし事もあるじゃないですか。波もあるし。地平線みたいです ね。笑

TB:歌詞書く時に気をつけてることとかってある?

Z:音と言葉が上手くマッチして音楽なんじゃないかと思ってるんで、ビート に合わせてフローを上手く乗っけるっていうかその変は意識してますね。

TB:1stではそこらへんは上手く行ったと思う?

Z:上手くいってないですね。もっと煮込めますよね。

TB:ラフな曲を積み重ねるよりは、納得出来るカッチリした物を作りたい?

Z:そうですね。もちろん1st出した時は納得いってたんですけど、それでまた 時間が経って、ピンとこなくなりました。もっとイイモノ作らないとな、と。

TB:1stを作ってる時に最初だしCDRで良いやとか考えなかった?

Z:人によってやり方は色々あると思うんですけど、HIPHOPにドップリはまっ てたんで、それがもし売れなかったとしても自分の納得出来る曲に値段をつけ て売ること自体にひとつの価値があるのかなというか。勝負してみました。

TB:なるほどね。同世代のラッパーと比べると凄く意識が高いよね。

Z:そうやって評価してくれる人がいると嬉しいですよね。

TB:自分的にここだけは他のアーティストに負けないっていうポイントとかあ るのかな?

Z:ヘマもこきますし、落ちる時もありますし、酔っぱらって潰れる時もあり ますし。けどなんとかマイク掴んでますよってとこです。

TB:最近はどんなイベントに出てる?

Z:2ヶ月に1回渋谷のEGGMANで「STYLE」っていうイベントをSPAWNが打って るんですけど、1回目は般若さんと神さんに出てもらって、この前は ESSENCIALに出てもらいました。「A+」とかMASARUさんがやってる「縁街〜 YEN TOWN〜」にも出させてもらったりしてますね。GAS PNICとかでもやったり してますよ。

TB:今後の予定は?

Z:とりあえずもう1枚アルバムをストリートで出そうかなと思ってて、 1st 出して繋がったコネクションとかもあるんで、2ndはそれをちょっと織り交ぜ て作りたいと思ってます。

TB:リリースの時期はもう決まってる?

Z:そうすね。あくまで本当に予定なんですけど、11月くらいに出せたら良い なと思ってます。Y.D.Cのアルバムもやろうよって話しが出てたりするんで、 まだちょっと分からないですね。

TB:じゃあ、最後にCCGブログをみてる人に一言お願いします。

Z:CCGに参加するのは初なんで、CHECKしてもらって、良いと思ってもらえれ ば、それにこした事はないし、悪いと思われたらしょうがないですよね、それ で良いんじゃないですかね(笑)。俺は良い物が作れればそれで満足です。

TB:ありがとうございました。


check out ZEUS MYSPACE!!!


2008-06-06 11:00:00投稿者 : SEEDA